複数種の埋没法|二重は大塚美容外科でトライ|暗い人生をストップ

二重は大塚美容外科でトライ|暗い人生をストップ

ウーマン

複数種の埋没法

婦人

腫れにくい埋没法

人間にとって目というものは外見を印象付けるファクターとして最も重要なポイントの一つであり、特に世の女性達にとって、ぱっちりとした印象的な二重の目は常に憧れとなっています。瞼を二重にする整形治療方法としてはメスを入れて切開し、筋肉や余分な皮膚を切り取った上で固定する切開法と、メスを入れずに瞼を要所で医療用の糸で結索することのみで二重を作り出す埋没法があります。もともとは切開法による二重整形治療を受けた方々が術後に患部がとても腫れる事象に悩んでいたために、より患者の負担が少ない手法として生まれた方式が埋没法です。そのため、一般的には埋没法は腫れない治療方法として認識されています。ただし、注意点として、近年では切開法においても術後に腫れない工夫がなされたものもあり、また、腫れにくい埋没法の中でも様々なレベルの治療方法があり、医師と相談して、自分に適した治療方法を選ぶことが重要です。

挙筋法と瞼板法

二重整形の中でも腫れない治療法として有名な埋没法ですが、埋没法も複数の種類があります。その一例として、埋没法はメスを入れずに瞼を所定の箇所で折り返して2か所から4か所のポイントを結索することで二重瞼を作り出す手法であり、施術時間も少なく患者の負担を削減できる方法ですが、瞼の中で糸を通す組織の場所が異なる、挙筋法と瞼板法の2種があります。挙筋法は上眼瞼挙筋腱膜という部位と上瞼の皮膚を手術用糸を通して結びつける治療方法で、自然な二重の構造を再現したものです。これに対し、瞼板法は瞼板という部位と上瞼の皮膚を結びつける方法です。瞼板法は手術者の腕の差が出にくいためによく行われていますが、瞼板組織が硬いために強く結索する必要があり、そのため、結索箇所の瞼が血行不順を起こし、腫れやすくなります。それに対し挙筋法は自然な二重構造と同じであるため、そういった事象は起こらず、埋没法のなかでも腫れない手法となっています。事前に手術方式を医師に確認することで、腫れを抑えた施術を受けることができます。